筋肉をつけるならば持久力

ヨガで筋トレしてみましょう

ヨガで筋トレしてみましょう!

 

ヨガについて誤解している人が少なくないですが、ヨガは身体を柔らかくするためだけの運動ではありませんよ。

 

ヨガという運動のイメージが柔軟な身体を作るということと結びつきやすいので筋トレとは無縁の運動だと思われがちです。

 

でも、実際ヨガには筋トレが含まれています。それは多分どんなヨガの種類でも筋肉を発達させるポーズが入っていると思いますよ。

 

座って行うポーズが多いヨガでも、寝て行うヨガでも、筋肉を鍛えるポーズがどこかに必ず入っているはずです。

 

ただ身体を柔らかくするだけのヨガクラスを私は知りません。ヨガ歴13年の私ですが、これまでいろんな種類のヨガを体験して思うことです。

 

ヨガを行うと筋肉痛になることが多いので筋肉が鍛えられていることがよく分かります。

 

ヨガに親しんでいるのはなぜか女性が多いですが筋肉を鍛えるためにも男性がもっとヨガを行うべきだと思いますよ。

 

きっと身体の奥の見えない筋肉が鍛えられるはずです。

 

中々効果が出て来ず忍耐力勝負の腹筋鍛錬

 

せめて縦筋位は割りたいと腹筋トレーニングに取り組み始めて早1年。

 

糖質オフのダイエット効果がメインだったとはいえ、全体的に見ればお腹の余計な脂肪が少しづつ影を潜め、服さえ着ればだいぶ見られる格好となったものの、相変わらずお腹の中央部と腰のすぐ上の脇腹には頑固な脂肪の塊が乗っかっており、その道のりの難しさを実感しています。

 

その更に下の部位、ちょうど股間のすぐ上からへそ下にかけてはトレーニングの刺激がダイレクトに伝わっているのか、皮下を走る筋の感触もはっきり感じ取る事が出来、少しづつ表面に浮き出てきているのですが、その上に位置する頑固な脂肪とのコントラストが結構酷く、まだ自信を持って上半身裸になれる程度とは程遠い状態なのです。

 

直接的な腹筋への刺激の他、身体全体の活性を上げて脂肪燃焼を良くし、少しづつお腹や脇腹から脂肪を追い出していかなければなりません。

 

効果が出るまでかなり時間が掛かるという事は分かっていたものですが、実際意識してみるとやはり苦しさだけが空回りしている様で、やはり辛いものです。

 

あまり意識せず、トレーニングを楽しむ感じで今後も持続出来れば良いのですが。