筋肉をつけるならば持久力

運動を続けるための工夫!

運動や筋トレを続けるための工夫!

 

筋トレや運動って習慣づけになってたら特に苦とも思わないんですけど、一度さぼると「まぁ、一日くらい大丈夫か」ってなって、そのままズルズルとサボっちゃうようになるんですよね〜。

 

筋肉が出来上がるのにはそれなりの日数がかかるのに、ぼよぼよになるのだけは早くて嫌になっちゃいます…(泣)

 

そんな風に筋トレや運動で挫折しかけた時は、テンションが上がる曲をガンガンにかけてトレーニングすると、楽しい気持ちが戻ってきて「もう1回頑張ってやってみようかな」と思えるようになります。

 

おすすめは定番ですが、ロッキーの曲です(笑)。

 

動いている間に自分が物語の主人公になっているような気もして一石二鳥です。

 

他にも自分が憧れとしている体型の人の画像をスマホの待ち受けにしたり、部屋にポスターを貼ったりして、常に「理想」が目に入るような環境を作り上げると鏡で自分の姿を見た時に「これではダメだ!」という焦りに襲われて、急いで取り組むようになります。

 

目標とかを紙に書いて貼るっていうのもいいですね。

 

今は「毎日、腕立て50回・腹筋50回」と書いた紙を見ながら筋トレに励んでます。

 

やっぱり視覚化すると目標がより明確になって、俄然やる気が出てきますね。

 

ダラダラ筋トレが嫌いです

 

嫌いな筋トレはダラダラ時間つぶしのように行う筋トレです。

 

ジムでトレーニングしているとマシンの順番待ちができることがあります。

 

そんな時マシンを使っている人の様子をちょっと見てみるのですが、暇つぶしをするかのようにダラダラ筋トレをしている人がかなりいるのです・・・。

 

たまたま私が通っているジムにそういう人が多いのかどうかそれは分かりません。

 

でも、どこのジムでも筋トレマシンをダラダラ使っている人はいますよね・・・。

 

いかにもやる気がない使い方をしていて見ていて気分が悪くなることもあります。

 

それでも変わって欲しいとは言えないのでトレーニングが終わるのをじっと待つのですが、すぐに使える状態になったとしてもやはり良い気持ちはしません・・・。

 

せっかくジムに来ているなら集中して筋トレに励めば良いと思います。

 

そこは人それぞれだといってしまえば二の句が継げませんが、私はダラダラと筋トレをする人を見るのもイヤなのです。