筋肉をつけるならば持久力

筋トレは安く、自然に、無理なくやってみませんか?

筋トレは安く、自然に、無理なくやってみませんか?

 

私の筋トレのポリシーは安く、自然に、無理なくをモットーとしており、極力お金をかけずに、日常生活の中で意識してトレーニングを組み込むようにしています。

 

また無理なくという部分でも、自分の好きな体を動かす趣味で楽しみながらトレーニングをするように意識しています。

 

例えば、普段通勤で駅までいくのですが、そのときにビジネスバッグ(弁当&水筒入り)のものを50回1セットとして上げ下げしながら通勤しています。

 

もちろん右・左両方行い、ダンベルようにあげ、上腕二頭筋の伸縮を意識しています。

 

これを3セットほどすると駅に着くのですが、結構腕にきます。

 

ただ周りからは少し不思議そうな目で見られるので、真似をするなら自己責任でお願いします。

 

その他には自分の趣味がスノーボードとロードバイクで、楽しみながら終日体を動かすことができます。

 

ジムで意識して有酸素・無酸素運動をするより、よっぽど無理なく自然にトレーニングになっています。

 

また検定試験や、レースなどの目標を無理なく設定することで、自然にそれらに取り組むようになり体のコンディションも整っていきますよ。

 

トレーニングの成果は一応出てきたものの

 

始めはほんのちょっとお腹周りを引っ込めたい、そんな軽い気持ちでスタートした筋トレもいつしか1年近くも継続し、気が付けば手元に様々なトレーニンググッズが揃い、1週間のうちに最低3回はトレーニングの時間を設けなければ気が済まない性格となってしまいました。

 

その甲斐もあってか上半身も随分と肩幅が出て胸板も厚くなり、ひと頃の貧相な上半身は脱したもの。

 

ある程度サイズ的に余裕のあるTシャツを着ても、胸の膨らみが見て取れる様になったのは嬉しいものです。

 

お腹もひと頃よりも随分と引っ込み、確かに精悍さは増した様に思うのですが、実際脱いでみるとまだまだ鍛え足りない部分を感じます。

 

まあお腹周りは最もトレーニングの成果が出難い部位でもあり、焦りは禁物。

 

一番やっていけないのは短時間で効果を得ようと無理して突っ込み身体を痛めたり、逆にこれは無理と簡単に諦めてしまう事。

 

歩みは遅くとも、1回1回のトレーニングが確実にお腹に効いているのだと信じ、我慢し地道に取り組んでゆくのが一番なのです。

 

という訳で、最近は無理して焦りを覚えない様、インターバルとしてオフのウォーキングの機会を作る様にしました。

 

周囲の景色を眺めるだけでそういったストレスや焦りが消え、またそれだけで下半身の運動にもなるのです。