筋肉をつけるならば持久力

筋トレや運動は好きにはなれません!?

筋トレや運動は好きにはなれません!?

 

年齢と共に体力はみるみるおちてきました。

 

だから私は自分なりに筋トレも運動もしないといけないと思うようになったのです。

 

庭には鉄棒があります。

 

その鉄棒を使って、筋トレを頑張っているのです。

 

そして毎朝のウオーキングをしています。

 

毎日筋トレや運動を欠かさず行う事で、いつまで若々しくいられると思うのです。

 

でも私には向いていません。どれだけしても楽しくないのです。好きにはなれないのです。

 

疲れると甘いものが欲しくなります。

 

三回ほど鉄棒をしたら、おまんじゅうを食べています。

 

ウオーキングにもチョコレートを持参しています。

 

疲れてきたら、ベンチに座ってゆっくりとチョコレートを食べているのです。

 

だから筋トレにもならないし、運動にもなっていません。

 

家族はそんな私を見て呆れているのです。

 

どうやったら好きになれるかわかりません。

 

どうやったら、もっと楽しくできるのかわかりません。まずはそこからだと思うのです。

 

一人じゃなくて友人を誘って一緒にするようにしていますが、これで飽きる事もないと思うのです。

 

運動は楽しく!がモットー

 

運動はどこでもできますがひとりで運動すると続けにくいです。

 

誰かと一緒なら運動も楽しめます。でもひとりで黙々と身体を動かすのは私は苦手です。

 

だからジムのマシンを利用して運動するのは大の苦手なんです・・・。

 

ひとり黙々と運動することが好きな人はいいですね。

 

そういう性格の人はジムのマシンを利用しながら確実に筋力をつけることができます。

 

一旦筋肉がつくとその変化が嬉しくてもっと筋肉が欲しくなるのでしょう・・・。その気持ちは分かります。

 

でも私はひとり黙々と筋トレをこなすタイプではありません。

 

誰かと話をしたり励まし合いながら筋トレなり運動をしたいタイプなんです。

 

「運動は楽しく!」が私のモットーです。

 

自宅では子供と一緒に腹筋したりバランスボールを使ってストレッチをしています。

 

これはこれで楽しいですよ〜。

 

子供はダンス経験者なので筋トレにしてもストレッチにしても詳しいのです。

 

いろいろ教えてもらいながら頑張っています。

 

ロードワークなら道中の坂や階段を利用した下半身トレーニングも

 

単に外を歩き回るウォーキングでも、決まって同じルートを何度も辿り続けるといずれ飽きが出てきてしまうもの。

 

思い切ってルートを変えてみるのも良い方法ですが、もしアップダウンがきつめの場所を通るなら、その折ちょっとした下半身トレーニングを取り入れてみるのも良いのではないでしょうか?

 

私の住んでいるのは海岸から丘陵地が連続するアップダウンの比較的大きなエリア。

 

ですからウォーキングやジョギングの際はルート上に頻繁にきつめの上り坂、時には急な階段が現れるものなのですが、それを一気に通過するのは面白く無く、そこで下半身に強めの負荷が掛かる様、ダッシュで何度か往復したり、他の通行人がいなければ後ろ向きに上り降りする等して、下半身の鍛錬に活用しているのです。

 

ダッシュで2往復もすると、初夏だとすぐに汗だくとなってしまう位良い運動となってしまうのですが、帰宅時には充実した疲労感が感じられ、直後のシャワーも大変気持ち良いものです。また後ろ向きでの上り降りはかなりのバランスと熟練を要するもので、初心者には危険が伴うケースもあります。なるべく緩い坂での活用がお勧めです。