筋肉をつけるならば持久力

筋肉をつけるならば持久力も!?

筋肉をつけるならば持久力も!?ムキムキの体にする方法とは?

 

筋肉をつけるならばやはり持久力のある筋肉をつけるほうがよいでしょう、筋肉にはムキムキの瞬発力のある筋肉と長い間動くことができる筋肉があります。

 

プロレスラーの筋肉とマラソン選手などの筋肉では同じ筋肉ですがタイプが違います。

 

プロレスラーの筋肉はたしかに強く打撃力などありますが長期に渡る持久力は下がります、反対にマラソン選手などの筋肉は打撃力は低いですが持久力があります。

 

疲れやすいタイプはプロレスラーの筋肉です、エネルギーを消費しやすいために瞬発力のあることは出来ますが疲労しやすいですので疲れてしまいます。

 

マラソン選手などの筋肉は瞬発力はあまりないのですが長時間動くことが出来エネルギーを効率的に使用できます。

 

このようなことからやはりどちらの筋肉でもよいですが可能ならばバランス良く身につけていくべきでしょう、出来れば長時間動くことができる筋肉の歩がいいものではないでしょうか。

 

少し前ですが細マッチョなど呼ばれる人達がいましたが痩せているが程よくしまった筋肉のほうが見た目にも中身的にも映えるからですし実用的だからです。

 

筋肉は使用しないと脂肪が付いてしまいますのでそのようなことから長時間動くことができる筋肉が良いと思われます。

 

そして、筋肉サプリのランキングはコチラから確認したのが良かったのかもしれませんね。

 

筋トレは身体に優しく行って

 

筋トレを始めると勢いに乗って、もっともっと良い筋肉をつけたいと努力します。

 

私はジムで筋トレを始めたとき始めたばかりでやる気があったので身体を痛めつけるように筋トレに励んでいました。

 

身体を痛めつけないと筋肉が育たないと思い込んでいたのです・・・。

 

でもそれは違いました。

 

身体を痛めつけなくても良い筋肉はつきますね。

 

身体を痛めつけてしまったら筋肉を育てる前に筋や腱など大切な部分を傷めてしまうと思うのです。

 

そうなってしまったらしばらくの間筋トレはできません・・・。

 

筋トレは体調が良いときにやり過ぎないように行うことがベストです。

 

負荷をかけすぎると筋肉は確実に傷みます。

 

健康な筋肉をすくすく育てるにはちょうど良い負荷で身体を痛めつけない筋トレをする必要があると思います。

 

逆に言えば、それさえ守っていればそのうちに良い筋肉が身体のあちこちについてくるということになります。

 

筋トレは決して苦しいものじゃないのです。

 

想像以上にきつかった腹筋ローラーのトレーニング

 

およそ3週間前に興味本位で購入したストッパー機能無しの腹筋ローラー。

 

始めのうちは果たしてこんな物で腹筋が鍛えられるのか?と半信半疑だったものですが、早速それを使ってトレーニングを始めてみると、あまりの苦しさにその考えが全くの間違いである事を痛感する事になりました。

 

少なくとも説明書通りに膝を完全に浮かし前後にストロークをしようとしても全く身体が縮まず、完全に伸びた状態となってしまうのです。

 

これでは腹筋が鍛えられるどころか身体を痛める一方だと感じすぐに方法を修正。

 

比較的体幹部への負担が軽い膝を着いた状態でのストロークに切り替えたところ、今度は何とか上手くいきました。

 

それでもちゃんとしたフォームを維持しストロークを行うと、腹筋や腕に掛かる負荷はかなりのもの。

 

少なくとも10回行えばもう上半身が動かず、逆に今後の鍛え甲斐が出てきた様でもあり、楽しくなってきました。

 

現在はようやくストロークの回数を20回程に増やし、またかなり慣れてきた事もあって膝を浮かせた状態で再チャレンジを目論んでいるところ。

 

当面の目標はその状態で何とか5回クリアするというところなのですが、上手くゆくかどうか…。

 

腹筋運動は腹筋ローラーがベスト

 

腹筋を鍛える筋トレは様々ありますが、その中で一番といえるのが腹筋ローラーです。

 

まず、通常の仰向けに寝てから体を起こすという一般的な腹筋は、相当数回数をしないと筋肉痛になりません。

 

この筋肉痛にならないというところがポイントで、いかに短時間で早く筋肉痛を起こすかが、筋肉トレーニングを
持続させる秘訣なのです。

 

通常の腹筋で50回やらなければ筋肉痛にならない人が、腹筋ローラーを使うと、3回程度で
翌日強烈な筋肉痛に襲われます。

 

その後、筋肉痛がなくなるまで筋肉トレーニングを休み、筋肉痛がなくなったら、
また、腹筋ローラーを数回行う。

 

腹筋ローラーを行うと、簡単に書きましたが、まったく単純で、膝を立てて四つん這い
状態で腹筋ローラーを持ち、ローラーを前後に動かずだけです。

 

ローラーを前側に押したとき、腹筋に強烈に負荷が
かかり、ほんの数回で、通常の腹筋数十回分の価値が生まれるのです。

 

また、腹筋ローラーの値段も1000円程度で、
安く、仮に飽きてしまっても大した出費でもありません。